撮影の基本

写真の色味を調整する方法

更新日:


自分の眼で見たときにはキレイで感動的な風景でも、写真に撮るとイマイチ…なんてこと、ありませんか?

撮影の技術が足りない?カメラが入門機だから?そう考えてしまう初心者の方もいらっしゃると思いますが、色味に関するトラブルはホワイトバランスが原因のことがほとんど。

今回は、あまり聞き慣れないけど意外と重要な「ホワイトバランス」について解説していこうと思います。

スポンサード リンク

カメラは被写体の「色温度」を測定している

まずはじめに、光には色温度がある、ということを知ることが必要です。

人間の目は「色順応」といって、照らされる光が変化してもキチンと本来の色に見えるよう補正をかけてくれる能力があります。

これを色温度に置き換えると、色温度の異なる光に照らされたものでも正しい色に見える、ということになります。

白いワイシャツを蛍光灯の下で見ても、太陽光の下で見ても、同じく白く見えますよね?

しかし、カメラにはそのような能力がないため、被写体を照らしている光の色温度次第で、写真が思ってもみない色味に変わってしまいます。

これを「色かぶり」といい、それを打ち消す機能がホワイトバランスです。
白いものを正しく白く撮影するための機能なのでこのような名前がつけられています。

色温度はケルビン(K)という単位で使われ、ケルビンが大きいほど青っぽく、低いほど赤っぽい色味になります。
こんなの覚えられない!と思われるかもしれませんが、全部覚える必要はありません。

被写体を照らす光に応じたホワイトバランスを設定しなければならない、ということだけ知っておけば十分です。

スポンサード リンク

ホワイトバランスで色温度を調整

ホワイトバランスの知識がなく、一眼レフを買ったときからそのまま使っている人は、おそらくホワイトバランスが「オート(AWB)」になっていると思います。

AWBで撮影すると、カメラが色温度を自動で検出して適切な色味になるように調整してくれるので非常に便利なのですが、被写体によっては中途半端な色味になってしまったり、味気ない写真になってしまうことがあるのが欠点です。

AWBで適切な色味にならない場合には、ホワイトバランスをいじってみましょう。
ホワイトバランスにはケルビンに応じて「昼光」「日陰」「蛍光灯」など、環境の名前が書いてあります(メーカーによって名前に微妙な差があり)ので、その被写体の環境に応じたホワイトバランスを選ぶことで、正しい色味に補正してくれます。

例として、日中のカフェ、窓際にてパンケーキとアイスコーヒーをAWBで撮影したのが下の写真です。

全体的に青みがかかっていて、パンケーキがあまり美味しそうに見えません。
また、撮影した時間帯が昼間にもかかわらず、早朝の日の出直後のような雰囲気になってしまっています。

自分の目で見たときは、もう少し暖色が強いカフェだったはずなのに、AWBの自動検出がうまくいかず狙った写真にならなかった状態です。

そこで、ホワイトバランスの「昼光」を選択して撮影したのが下の写真。
写真全体が温かみのある色に調整され、パンケーキの黄色がうまく表現でき、カフェの内観も実際の目で見たときと同じような雰囲気の写真になっています。

わざと違ったホワイトバランスを選択することもあり

環境と同じホワイトバランスを選ぶ、と説明しましたが、撮りたい写真の雰囲気によっては別のホワイトバランスを選ぶことも可能です。

たとえば、昼光の紅葉を撮影したのが下の写真。
実際の目で見たときと同じ雰囲気が出ていますが、写真としてはもう少し赤みがほしいと考えました。

そこで、実際の環境は昼光にもかかわらず、ホワイトバランスでは日陰を選ぶことで、より赤みが強い雰囲気を出したのが下の写真です。

このように、ホワイトバランスは正しい環境のものを選ぶだけでなく、写真の雰囲気を調整するためにも使える機能です。

スポンサード リンク

まとめ

これまでホワイトバランスをオートでしか使ったことがなかった人でも、「環境に応じたホワイトバランスを自分で選ぶ」「撮りたい写真の雰囲気に応じてホワイトバランスを変更する」という知識を持っておくだけで、表現できる写真の幅がぐっと広がります。

ケルビンなどの細かいことをいちいち覚える必要はありませんので、ぜひ写真撮影のときに挑戦してみてください。


関連記事

no image
カメラの測光モードを知る
no image
光源の違いによる写真の印象効果

写真は「撮影」という言葉のとおり、"影を撮ること"です。 何が言いたいかというと、いい被写体を探すだけでなく、被写体を照らす光源の種類、方向も意識したほうが良い、ということ。 世の中に存在する素晴らし ...

no image
上級者ほど意識したい最低限の撮影マナー

カメラの操作に慣れてくると、どうしても「もっと良い写真を撮りたい」「他の人とは違う写真が撮りたい」と思うようになります。 そのような感情はカメラ・写真を趣味にしている以上当たり前にあることだと思ってい ...

no image
前ボケ・後ボケを使った表現

被写体がちょっと地味だったり、いろんな構図や角度を試してみても代わり映えしない写真になってしまう場合、前ボケ・後ボケを試してみるのをオススメします。 構図はおもに写真の平面方向を表現するために使います ...

no image
被写体の時間を止める・動きをつける表現

シャッタースピードをコントロールできるカメラでの楽しみ方の一つとして、被写体の時間を止めたり、動きをつける表現方法があります。 スマートフォンでもスローモーション撮影などの表現ができますが、一眼レフや ...

Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2018 All Rights Reserved.