カメラ関連コラム

一眼レフのボディやレンズの買い時っていつ?お買い得な時期はある?

投稿日:


いつが買いどきだろう?いつ値下がりするだろう?と考えているうちに、魅力的な新機種が次々と発売されてしまうのが一眼レフ・ミラーレス一眼の世界です。

とくに、いちばん最初にカメラを買うときは、カメラに関する知識もないし、そもそもの価格感もわからないので、なかなか「買う!」という決断ができないひとがとても多いようです。

たしかに「これは今が買い時だ!」というのは、普段そのカメラがいくらで売られているかが分からないと判断できないですよね。

今回は、一眼レフ・ミラーレス一眼はいつ買うべきなのか?という点にフォーカスを当てて解説してみようと思います。

スポンサード リンク

カメラを割高価格で買わないために

カメラの価格を構成する要素を知る

カメラの買い時を知るためには、カメラの機種ごとに相場を知ることが大事。
相場さえ知っていれば、新機種が出て旧機種が値下がりしたときにどれくらいお得になっているかが分かります。

「なんでこんな小さなミラーレス一眼が、一眼レフより高いの?」「なんであの機種はいつになっても値下がらないの?」といった疑問を解決するため、カメラの価格(価値)を決めている要素を知っておきましょう。

関連記事:[pagelink id=770]

新機種が出るタイミングを知る

新しい機能や性能にこだわらない人は、新機種が発売(発表)されたときに旧世代の機種を狙いましょう。

新機種の情報は毎年2月に日本の横浜で開かれる「CP+」、毎年1月にアメリカで開かれる「CES」、2年に1度の偶数年の9月にドイツで開かれる「フォトキナ」でお披露目されることが多いです。

それ以外にも各社が販売に力を入れている時期に新製品を発売することがありますので、旧世代の機種の値下がりを狙うのであれば、そのあたりの情報にはアンテナを張っておくのが良いでしょう。

個人的な経験則から言って、卒業・入学シーズンの直前の2月や、クリスマス・年末シーズン前の9月、10月あたりが多いイメージです。

スポンサード リンク

欲しい時が買い時

ここまでカメラの買い時について解説してきましたが、極論を言うなら「カメラは欲しいときが買い時」だと思っています。

最新の機種を運良く安い価格で手に入れられたとしても、3年すればリニューアルされてしまいます。
では、そのリニューアルを待つか?といったら、3年の間はせっかくの写真を撮れる機会を失うことになりませんか?

たしかにカメラは高い買い物で、安いものでも3万円、レンズを合わせれば5万円は最低でもほしいところ。
そう簡単には「じゃあ買うか」なんて言えないかもしれません。

しかし、買い物のコツとして「悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段なら止めておけ」という言葉がある通り、「高いなぁ」と悩む時点で、そのパターンなら買ってしまったほうが満足度は高いでしょう。

逆に、対して欲しいとは思っていないのにもかかわらず、安いからという理由だけで買うのはオススメしません。

まとめ

カメラを最初に買う決断は、意外と悩む人が多いです。
私の周りでも「買おうかなぁとは思ってるんだけどね…」という人が何人かいましたが、その全員が「買ってよかった!」と喜んでいます。

購入の決断をする背中を押した側としては、これほどホッとする感想はありません。

価格がネックで悩んでいる人はぜひ、勇気を持って買ってみてほしいです。
満足いかなかったら、売ってしまえばいい話ですから。


関連記事

no image
一眼レフ初心者がなかなか上達しない理由と、1年以内に撮れるようになる方法

念願の一眼レフを買って、いざ写真を撮ってみても思ったような写真が撮れなくて、がっかりしたことはありませんか? カメラデビューした多くの人が、ネットにアップされている一眼レフユーザーの写真と自分の写真を ...

no image
保存容量無制限のAmazonプライムフォトはRAWのバックアップに使えるか?

Amazonプライムといえば、月額325円(年間プラン3,900円を12分割した場合。月間プランの場合は月400円)でお急ぎ便が何度でも無料で使えたり、プライムビデオに登録してある映画やドラマ、アニメ ...

no image
カメラやレンズに寿命はある?「レンズは資産、カメラは消耗品」とは

「レンズは資産、カメラは消耗品」という言葉を聞いたことはありますか? フィルムカメラ時代からずっと言われ続けているこの言葉ですが、そのまま受け取ると「レンズは壊れないけど、カメラは壊れる」という意味に ...

no image
カメラをできるだけ安く手に入れる方法

ふるさと納税の返礼品

Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2018 All Rights Reserved.