関連記事

no image
上級者ほど意識したい最低限の撮影マナー

カメラの操作に慣れてくると、どうしても「もっと良い写真を撮りたい」「他の人とは違う写真が撮りたい」と思うようになります。 そのような感情はカメラ・写真を趣味にしている以上当たり前にあることだと思ってい ...

no image
光源の違いによる写真の印象効果

写真は「撮影」という言葉のとおり、"影を撮ること"です。 何が言いたいかというと、いい被写体を探すだけでなく、被写体を照らす光源の種類、方向も意識したほうが良い、ということ。 世の中に存在する素晴らし ...

no image
カメラの測光モードを知る
no image
前ボケ・後ボケを使った表現

被写体がちょっと地味だったり、いろんな構図や角度を試してみても代わり映えしない写真になってしまう場合、前ボケ・後ボケを試してみるのをオススメします。 構図はおもに写真の平面方向を表現するために使います ...

no image
被写体の時間を止める・動きをつける表現

シャッタースピードをコントロールできるカメラでの楽しみ方の一つとして、被写体の時間を止めたり、動きをつける表現方法があります。 スマートフォンでもスローモーション撮影などの表現ができますが、一眼レフや ...

Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2018 All Rights Reserved.