周辺機材を選ぶ

カメラ初心者でも用意しておきたい周辺アイテム

更新日:


一眼レフを買うとき、カメラボディやレンズの価格や選び方ばかりに気を取られて、いざ使おうと思ったときにアレが足りない、コレも必要だった、と困ってしまう一眼レフ初心者さんは少なくないようです。

あとで揃えればいいや、と後回しにしてしまいがちなカメラの周辺アイテムですが、やはりきちんと揃えておくことで実際の撮影のときにかなり役立つものばかり。

一眼レフ初心者の方は「実際の撮影には何が必要か」「何がアレばより便利か」などは経験が少ないことからまだ分からないと思います。

この記事では、忘れられがち・後回しにされがちだけど、あれば便利なカメラ周辺アイテムをご紹介します。

スポンサード リンク

用意しておきたい周辺アイテム

保存メディア(SDカード・CFカードなど)

カメラとレンズの次に大切(というか無ければ撮れない)なのが、写真を保存するメディアです。

カメラを買うのが家電量販店ならそばに店員さんがいるはずなので、本体とセットで教えてもらえますが、カメラをネットで買う場合はけっこう忘れられがち。

保存容量は大きければ大きいほど、一度に保存できる枚数が増えるので便利です。
写真の保存形式によって最大保存枚数が変わりますが、最低でも32GBあれば十分でしょう。

メディアの種類としては、入門機ではSDカードが基本的に使われており、中級機以上ではCF(コンパクトフラッシュ)カードも使えるようになります。

CFカードはその容量の大きさだけでなく、カメラからカードまでの転送速度にメリットがありますので、スポーツや動きモノの撮影で連写を多用する場合は、CFカードを選ぶのがオススメです。

created by Rinker
サンディスク
¥5,080 (2018/11/21 16:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

SDカードとCFカードの違いなどは、記録メディアの選び方の記事も参考にしてみてください。

レンズ保護フィルター

カメラのレンズは買ったままだとガラスがむき出しです。
屋外での撮影ではこまかな塵やホコリが舞っていますし、汚れを拭き取ったときの細かなキズも画質に影響していきます。

深刻な傷がつく前に、レンズを保護するためのフィルターを用意しておきましょう。

レンズ保護フィルターはピンキリで、安いものは2,000円、高いもので1万円を超えてくる商品があります。
世の中には1万円を切るレンズもあるのに、レンズ保護のために1万円も出すのか…とは思いますが、高価なレンズを守る保険だと思えば安い買い物なのかもしれません。

値段の違いは「フィルターの強度」「フィルターの透過率」「フィルターの厚み」が影響してきますが、最初のうちは考える必要はないでしょう。

どれがいいのか分からない!という方は、とりあえずKenkoのPRO1シリーズを買っておけば間違いはないかと。

ただし、フィルターはレンズの直径に合わせて買う必要があります(レンズに「Φ67mm」といったように記載がされています)

一眼レフ初心者は素直に一番安いのを買っておけばOKですが、複数のレンズを所有している場合は、その数だけフィルターを用意します。

ネックストラップ

ネックストラップはカメラを首から下げるためのヒモです。

カメラボディを購入すると箱の中にメーカーごと(もしくは機種ごと)のネックストラップが付属されていますが、ハッキリ言ってお世辞にもデザインが良いとは言えません

一眼レフは一部のメーカーでカラーバリエーションが増えてきたとは言え、まだまだ「自分だけのカメラ」とまではいきませんので、ネックストラップだけはこだわったものを使いたいところです。

ストラップ購入時の注意として、カメラのメーカーや機種によって取り付けられるストラップの幅が違うところ。

とくにボディが軽いミラーレス一眼では細いストラップが採用されているため、一眼レフ向けの太いストラップが通せない場合がありますので、よく確認してから購入するようにしましょう。

カメラバッグ

もともとバッグを持ち歩く人でも、一眼レフを買ったらぜひ、専用のカメラバッグの用意を検討してみてください。

普段遣いのバッグとカメラの持ち運びを共用にした場合、バッグの中で荷物と擦れてカメラが傷ついたり、いざ撮影しようと思ったときに奥の方へいってしまって取り出しにくくなることがあります。

カメラ専用のバッグなので、内部の仕切りが通常のバッグより便利でクッション性も高く、まさに「カメラを保護するためのバッグ」になっています。

カメラが軽くレンズも少ない場合にはショルダータイプ、カメラが重くレンズも複数持ち歩く場合にはリュックタイプがオススメです

予備バッテリー

最近の一眼レフやミラーレス一眼では、多くの機能がバッテリーで動いています。
とくに光学ファインダーが無く、主に背面の液晶モニターで撮影するミラーレス一眼ではバッテリーの消耗がすごいです。

スマホのカメラモードをつけっぱなしで使っているものと考えてみると、1日出かけて撮影するには、とてもじゃありませんが1つのバッテリーでは足りません。

普通に撮っているだけなのに、フル充電で朝から出かけても昼過ぎには充電切れになるくらいなので、せっかくのシャッターチャンスを逃さないためにも、バッテリーは予備を持っておくことをオススメします。

スポンサード リンク

メンテナンスグッズ

ブロワー

カメラ・レンズの天敵はホコリ。
あまりレンズを交換しないから大丈夫と思っても、ホコリはどこからでも侵入します。

ブロワーでカメラやレンズの内部を吹くことで、機器の寿命を縮める原因となるホコリを掃除できます。

ただ風で吹き飛ばすだけなら口で吹けば同じじゃない?と間違われやすいですが、呼気には微細な唾液が混じっているため、カメラ・レンズのもう一つの天敵であるカビを誘発してしまう結果に。

カメラやレンズのメンテナンスは、月に1度程度でもまったく違ってきますので、専用のメンテナンスグッズを使いたいところです。

レンズクリーナー

きれいに使っているつもりでも、カメラのレンズはいろいろな環境にさらされ続けることで汚れてしまいます。

レンズの表面をよーく見てみてください。ちいさなポツポツした汚れが見えませんか?
こうした汚れは早めに取り除かないと、あとからでは取りづらい汚れになってしまいます。

レンズが直接汚れることを防いでくれる保護フィルターを付けている場合でも、定期的に拭き取ってあげることが大切。

ティッシュは目が粗いため、拭き取る際は専用のクリーナーをオススメします。

まとめ

初心者におすすめの周辺アイテムと、最低限のメンテナンスグッズを紹介しました。
探せばこれら以外にも便利なグッズや特殊な写真を撮るための道具はたくさんありますが、まずはこのあたりから用意してみるのが良いでしょう。

カメラは数年使える愛機。
キレイに長く使うためにも、必要な道具にはできるだけお金をかけて大切にしていきたいところですね。


関連記事

no image
三脚の正しい選び方
no image
カメラの記録メディアの選び方

カメラを買うとき、つい忘れがちなのが記録メディアの存在。 とくにamazonで買った場合には「記録メディアがカートに入ってないよ!」なんて教えてくれないので、いざ試しに撮ろうと思って初めて気づく…なん ...

no image
カメラのメンテナンスグッズと正しい使い方

ページの準備中です。

Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2018 All Rights Reserved.