カメラの準備

光学ズームとデジタルズームの違い

更新日:


カメラやレンズの製品紹介で「光学ズーム」「デジタルズーム」を見かけることは多いと思いますが、これら2つの違いは説明できるでしょうか?
家電量販店のカメラコーナーには「光学4倍ズーム」と「デジタル4倍ズーム」の両方が並べて売られていますが、どちらが自分にとってのベストなのか判断できるでしょうか?

同じズームでもこの2つはまったく違うものなので、勘違いしたまま買ってしまうことのないよう、きちんとした知識をつけておきましょう。

光学ズームとデジタルズームの違い

ズーム機能は被写体を拡大縮小することを指しますが、光学ズームとデジタルズームの違いはその拡大縮小方法にあります。
結論から言うと、ズーム機能で言えば光学ズームが画質の点で圧倒的に有利です。

スマホがあればカメラはいらないという意見もありますが、それはズームしない場合での話。
もし遠いものを大きく写したい場合にはスマホのカメラではまったく話になりませんので、そういったケースを想定している場合には光学ズームを搭載しているコンデジか、ズーム機能を備えたレンズを一眼レフ・ミラーレス一眼に取り付けるのが現実的でしょう。

光学ズーム デジタルズーム
ズーム方法 複数のレンズを前後させる データを切り取って拡大
画質 劣化しない 劣化する
サイズ 大きめ 小さめ
機種 一眼レフ、ミラーレスなど スマホ、安いコンデジなど

光学ズーム

まず、光学ズームはズームレンズを使って被写体を「物理的に拡大縮小する」ことを言います。
簡単に言えば、レンズが前方に繰り出したり、逆に後方に縮んだりするものです。
虫眼鏡を前後に動かして拡大具合を変化させるのと同じ方法だといえば分かりやすいでしょうか。

物理的に拡大縮小するため、写真の画質が劣化しません。
また、焦点距離が変わるのでズーム前後の写りに違いが出てきます。

デジタルズーム

デジタルズームとは、レンズ自体が前後に動かない代わりに、被写体を「デジタルデータ上で拡大」することを言います。
簡単に言えば、ズーム前の写真をトリミング(切り取り)して大きく表示すること。
つまり、ズームせずに普通に撮影したあと、パソコンなどで拡大しているのと同じです。
スマホの拡大機能もこれと同じことをやっているだけですので、デジタルズームで拡大して写真を撮るなら後から加工するほうが、ズーム前の写真も同時に残せてオススメです。

デジタルズームはデータ上で拡大しているだけなので、拡大すればするほど画質は劣化していきます。
ただし、焦点距離は変わらないのでズーム前後の写りに違いはありません。

光学+デジタルズームのハイブリッド

機種によっては光学ズームで2倍、それをさらにデジタルズームで2倍の計4倍ズームを実現しているものもあります。
これは、デジタルズーム単体では悪化する画質を光学ズームを併用することで補っています。
たしかに画質の大幅な劣化は避けられるのですが、あくまで「デジタルズーム単体での拡大よりはマシ」程度ですので、そこまで期待すると痛い目を見てしまうかもしれません。

デジタルズームは使いものにならないのか?

ここまで読んでみて「デジタルズームは使えない」という結論を出してしまうのは少し早いと思います。
デジタルズームの画質劣化が気になるのはあくまで「大きな画面・紙で写真を見た場合」に限ります。

最近の写真の利用シーンというと、スマホに保存して小さな液晶画面で見たり、SNSでシェアするのが一般的になってきています。
そういったケースでは拡大率があまりにも大きくない場合を除いて、デジタルズームでの画質劣化はほとんど気になりません。
カメラの購入前には、自分の写真の利用シーンを前もって想像してから光学ズーム・デジタルズームを選ぶのが賢い方法です。

まとめ

  • 光学ズーム:被写体をレンズで拡大してからセンサーに当てて保存
  • デジタルズーム:被写体をセンサーに当て、データを拡大してから保存

できるだけズーム後も画質の劣化を防ぎたいのであれば、デジタルズーム搭載のカメラ・レンズは選ぶべきではありません。
また、光学ズームの望遠機能を使った空間の圧縮効果は、スマホのカメラでは絶対に実現できない写真になるため、ぜひ試してみてほしいですね。


Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2019 All Rights Reserved.