カメラを選ぶ

高画素カメラのメリット・デメリット

更新日:


一眼レフカメラ初心者さんが、初めてのカメラ購入の際によく気にするのが「カメラの画素数」です。

どうして画素にそこまでこだわるんだろう?と思っていましたが、カメラの広告には「○○万画素の高精細な写真が撮れる」といったような見出しが大きく掲載されているからなんですね。

えっ、画素が多ければ多いほど写真はきれいに写るんじゃないの?
カメイチ
たしかに画素数が多いとたくさんの情報を一枚の写真に入れられるけど、情報量と画質は違うものなんですよ

つまり「画素数=写真の美しさ」というイメージがついているため、画素数が多いカメラは良いカメラだという認識があるようです。

じゃあ、そこまでこだわる「画素」ってなに?と聞かれると、パッと答えられる人は多くはないでしょう。

そこで今回は、カメラについて回る「画素」について解説していこうと思います。

スポンサード リンク

画素とは

画素は方眼紙の細かさを思い浮かべる

画素とは、画像(写真)を構成する最小単位のことで、「Pixel(ピクセル)」という英語名のほうが馴染みがあるのではないでしょうか。

そして、画素数とは1枚の写真にどれくらいの情報(画素)を書き込めるかという「精細さ」のこと。

イメージ的には方眼紙の一つひとつの四角が画素、方眼紙の四角の合計が画素数というように覚えると分かりやすいかと思います。
たとえば200万画素のカメラは、方眼紙に200万個もの四角に景色を写しこんでいることになります。

ここだけ聞くと「画素数が大きいほど高精細でキレイな写真が撮れる」というように見えますが、そう簡単な問題ではないのです。

方眼紙の大きさ=撮像素子(イメージセンサー)の大きさ

方眼紙の中に細かな四角を縦横に並べているのが画素ですが、その方眼紙そのものはカメラのイメージセンサーです。

イメージセンサーは物理的に大きさが違いますので、たとえば同じ200万画素のカメラでも、その方眼紙がA4サイズなのか、A4の4倍にあたるA2サイズなのかによって違ってきます。

小さな方眼紙に大量の画素を詰め込んだ場合、一つひとつの画素に余裕がありません。
画素に余裕がないということは、画素に入れられる光や色情報が隣の画素の情報と混じり合い、濁ってしまいます。

画素がたくさんあって詰め込める情報量は多いのに、その枠が小さすぎるために詰め込める情報量が少なくなる、という矛盾した状態が起こると、結果的に画質は高くはなりません。

ここで言う「画質」とは、色階調の表現幅。

小さな紙に情報がギュッと詰まっていると、あたかも高画質になると思われるかもしれませんが、そうではありません。

写真(画像)の画質は色階調、つまり色のグラデーションがどれだけキレイに再現できるかにかかっています。

スポンサード リンク

高画素のメリットデメリット

高画素のメリット

高画素のメリットは、上記にある通り「画像の精細さ」にあります。

この精細さというのは、スマホの画面どころかパソコンの一般的なディスプレイサイズ(1920×1080)でも表現しきれないレベル。

じゃあどんな時に有用なのかというと、それは大判プリントした時に現れます。

写真のサイズとして一般的に使われるL版などの小さな紙ではあまり違いが判りませんが、A0などの大きいサイズにプリントしたときには、近くによって目を凝らしてみても、画像の粗が見つからない仕上がりで印刷できます。

また、元の画像が高精細であればあるほどトリミングの幅が広がります。

被写体との距離が遠かったり、撮ったときのイメージと違ったときなど、トリミングはかなり有効なテクニックですが、トリミングはデジタルズーム(画像の拡大)をしているのと同じですから、大きくした分だけ画像に粗が出ます。

対して高画素機を使えば、もともと持っている画像の情報量は膨大ですから多少のトリミングをしたところで画像は劣化しません。

高画素のデメリット

高画素のデメリットの一つは写真のファイルサイズが大きくなること。
同じ容量のメモリーカードを使用しても、撮影する画素数によって撮影できる上限枚数に差が出ます。

撮影のたびに撮った写真をパソコンなどの外部メディアに退避できない旅行中などには、複数のメモリーカードを用意しておく必要が出てきてしまいます。

また、画素が増えれば増えるほど写真のブレに敏感になります。
シャッターを切ったときのほんの少しの衝撃も高精細な画素に記録されてしまうため、三脚を使ったりミラーアップ撮影を使ったりといった工夫が必要になります。

ただ、この写真のブレは3000万画素以上といった超高画素機でしか起こりませんので、一眼レフ初心者の方にはあまり関係がない話かもしれません。

さらに、高画素のイメージセンサーに適切な光・色情報を届けるためには、レンズの品質が大きく関わってきます。

レンズの質が悪ければ、どんなにたくさんの画素を用意していても光がキレイに届きません。
つまり、高画素機のボディには高額なレンズが必須になってしまうわけです。

iPhoneはたった800万画素、プロ用の一眼レフでも1500万画素しかない

ここまで解説してきたように、カメラは「同じセンサーサイズなら低画素のほうが高画質」です。

iPhoneで使われているイメージセンサーは安価なコンパクトデジカメとほぼ同じサイズ。
しかし最近のコンパクトデジカメは高画素化が進んで2000万画素オーバーのものがあります。

つまり、iPhoneがなぜ写真がキレイに写せるのかというと、画素を抑えてイメージセンサーが受光する面積を大きく取っているからに他なりません。

同じように、各カメラメーカーが販売している最上級のプロ用カメラを見てみても、多くて2000万画素です。
プロ機ではイメージセンサーの大きさがiPhoneとは段違いですから、画素もそれに合わせて多くなりがちですが、それでもそこまで高画素かといったらそうではありません。

こういった状態になる理由として、Appleやプロのカメラマンは、「画質はイメージセンサーと画素数のバランスがもっとも取れているときに一番高くなる」ということを知っているからです。

それでもカメラの売り場やCMなどの広告で画素数が大きく宣伝されているのは、初心者を騙しやすいからです。
画素が何なのかを分かっていない素人に、1000万画素より2000万画素のほうがキレイに写ります、なんて言って売ったほうが売り上げが上がってしまうからです。

お金をかけるべきは画素数ではありません。
もし画質で迷ったら、できるだけ大きいサイズのイメージセンサーを選ぶようにしましょう。

以下は主なセンサーサイズで、上から順に大きく価格も高くなっています。

  • 35㎜フルサイズ(36mm×24mm)
  • APS-C(23.6mm×15.8mm)
  • マイクロフォーサーズ
  • 1インチ(13.2mm×8.8mm)
  • 1/1.7インチ(7.6mm×5.7mm)
  • 1/2.3インチ(5.9mm×4.4mm)
  • 1/3インチ(4.8mm×3.6mm)
スポンサード リンク

まとめ

「高画素=良いカメラ」という勘違いされがちな知識を解説しました。

高画素だから高画質だなんて売り方をする家電メーカーや量販店のやり方にはちょっと微妙な気持ちになりますが、知識がないまま買ってしまうのもちょっともったいないです。

せっかく買うならできるだけ良いものを、という人のために、今回の知識はぜひ頭の中に置いておいてほしいですね。


関連記事

no image
一眼レフ初心者にとってレンズキット・ダブルズームキットはオススメ?

一眼レフを買おう!メーカーも機種もだいたいは決まった!と意気込んで家電量販店に足を運んだはいいものの、同じ機種でも「ボディのみ」「レンズキット」「ダブルズームキット」なんて種類がいくつもあって、違いが ...

no image
レンズの最短撮影距離を知る

「最短撮影距離」というものと「ワーキングディスタンス」という言葉についてご存知ですか? なんとなく聞いたことあるけど分からない、意味は一緒なんじゃないの?と思われる方も多いですが、実はまったく違うんで ...

no image
カメラの正しい選び方

一眼レフを始めようにも、メーカーや機種は多いし、何が違うのかもわからないし、かといって店員さんがオススメしてくる機種をバカ正直に買うのもちょっと気が引ける…という初心者さんは少なくありません。 私も初 ...

no image
カメラの価格と性能の関係性

これからカメラを購入しようと検討している人にとって、もっとも気になるのが「価格」だと思います。 最近ではコンデジだけでなく、高性能なミラーレス・一眼レフもかなり手頃な機種が発売されており、さまざまな種 ...

no image
一眼レフ・ミラーレス一眼・コンデジの違い

スマホ付属のカメラでは満足できなくなって、いよいよ一眼レフデビューか!?と気合を入れてみたはいいものの、「カメラって意外と種類が多くない…?」と機種選びの時点で迷いに迷ってしまう、なんてのはカメラ入門 ...

Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2018 All Rights Reserved.