カメラの基本

写真の撮影に必要なもの

更新日:


カメラ、写真を趣味にしようと思っても、最初に何を用意すればいいのかさっぱり分からない、という悩みがある人は少なくありません。

私も最初にカメラを始めたときは「とりあえず初心者向けのカメラさえ買っておけばいいのでは?」と思っていました。

たしかに「写りさえすればいい」というだけならそれでもいいのですが…

そこで今回は、カメラ初心者の方でも迷わない、必要機材をまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサード リンク

カメラボディ

まずは何といってもカメラ本体が無ければ話になりません。

カメラは一度購入したらなかなか買い替えたり、追加で買わないものなので、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

デジタルカメラ

これからカメラを始めるという人のほとんどはデジカメを選択すると思いますが、一口にデジカメと言っても種類は様々。

それぞれに一長一短の特徴があって、自分に適しているカメラ、予算の都合で買えるカメラはどれなのかを見極める必要があります。

デジタルカメラの種類と違いについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

フィルムカメラ

最近の主流はもちろんデジタルカメラですが、フィルムカメラの味のある写真は今でも一定の人気がありますので、ノスタルジックな雰囲気の写真が好みの方は、選択肢のひとつに入れてみても良いと思います。

フィルムカメラは製造が終了しているものが多く、ほとんどが中古市場で買うことになると思いますが、中古のカメラでも手入れが行き届いているものが多く、キズが少ないのが特徴です。

スポンサード リンク

レンズ

レンズ交換式ではないカメラ(コンデジなど)では必要ありませんが、一眼レフ・ミラーレス一眼を選択した場合はレンズも必要になります。

正直なところ、カメラの本体よりも大変なのがレンズ選びです。

数が多いうえに一つのレンズではすべての撮影シーンをカバーすることはできないのに、予算は限られているのでたくさんは買えない…というジレンマに陥ります。

まぁ、予算があっても大量のレンズを持ち出すだけで苦労するので実質ムリなんですが。

レンズ選びに関しては、少なくとも以下の関連記事で解説している基礎知識くらいは知っておいて損はないでしょう。

初心者向けのカメラには安価なレンズが付属する「レンズキット・ズームキット」といったセットも販売されています。

レンズ選びに迷わない分、カメラを気軽に楽しめますが、付属するレンズは安かろう悪かろうで、写真の描写能力やボケ味の小ささから満足できない可能性があります。

記録メディア

一部のデジカメにはカメラ本体に写真の保存領域がある機種がありますが、基本的に写真は外部メディアに保存することをお忘れなく。

カメラとレンズを選んで満足し、帰宅してみたらメディアが無くて撮れない!なんて話はたまに耳にします。

記録メディアの種類

スポンサード リンク

その他、用意したいもの

三脚

フラッシュ(ストロボ)


関連記事

no image
カメラ各部の名称

ページの準備中です。

no image
レンズ各部の名称

ページの準備中です。

Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2018 All Rights Reserved.