撮影のコツ

光の指す方向の違いによる写真の印象効果

更新日:


写真は「撮影」という言葉のとおり、"影を撮ること"です。

何が言いたいかというと、いい被写体を探すだけでなく、被写体を照らす光源の種類、方向も意識したほうが良い、ということ。

世の中に存在する素晴らしい写真のほとんどは、光をコントロールすることによって印象的に撮影されています。

カメラを始めた最初の頃は難しいかもしれませんが、慣れれば意識せずにできるテクニックなので、ぜひ覚えてみてください。

順光・斜光・逆光を使い分ける

まず、何を撮るにしても被写体を照らす「光源の方向」を見極めるようにしましょう。

光源の種類を問わずに使えるテクニックなので、屋外・屋内、自然光・スタジオ撮影など、どんなシチュエーションでも活躍してくれる知識です。

順光

被写体に対して正面から光が当たっている状態を順光と言います。

光が直接当たるため、被写体の明るさを確保できるメリットがある一方で、影や陰影のグラデーションが出づらく、立体感の乏しい写りになります。

また、人物のポートレートなどでの順光撮影は、モデルさんが眩しく感じて表情に出てしまうことがあるので難易度が高めです。

光源の高さが低い場合(夕焼け時など)、撮影者は光源と被写体の間に割って入ることから、自分の影が被写体に落ちないようにする工夫も必要になります。

光が強く被写体が白とびしてしまう場合には露出補正をマイナスしてあげるのもポイントです。

斜光

被写体に対して斜め前から光が当たっている状態を斜光と言います。

斜光は順光と比べて被写体の立体感が出るので、より印象的な写りになるでしょう。

逆光

被写体に対して背面から光が当たっている状態を逆光と言います。

逆光状態では、カメラの測光モードが原因で失敗写真が量産されることが多く一般的には敬遠されがちですが、工夫次第で雰囲気のある仕上がりが期待できます。

被写体の輪郭(主に髪の毛など)に光が透き通ったような表現が出来たり、不要な陰影をごまかせるので、実はポートレート向きだったりします。

半逆光

被写体に対して斜め後ろから光が当たっている状態を半逆光と言います。

意識しないとあまり使われないのですが、実はこれ、光の回り込み方がかなり良い感じでかなり使えます。

撮影する時間帯を意識する

写真の雰囲気は季節や太陽の位置で大きく変化しますが、その中でも日の出直前と日の入り直後という時間帯は、被写体に直射日光が当たらず、光が全方向から回り込んでくれることから幻想的な写真が撮れます。

この時間帯をマジックアワーと言い、とくに人物のポートレートを撮るのに適しています。

日の出直前は難しいかもしれませんが、日の入り直後なら事前に準備しておけば誰でも撮影できる時間帯なので、いつもと違ったポートレートを撮りたいときには狙ってみてもいいでしょう。


Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2019 All Rights Reserved.