カメラを選ぶ

カメラの正しい選び方

更新日:


一眼レフを始めようにも、メーカーや機種は多いし、何が違うのかもわからないし、かといって店員さんがオススメしてくる機種をバカ正直に買うのもちょっと気が引ける…という初心者さんは少なくありません。

私も初めて一眼レフを買おうと決意したときには、それはもうカメラについて調べまくりました。
何せ場合によっては5万~10万円を超える、決して安くはない買い物ですから…。

で、一眼レフ初心者さんにはそこまでの手間をかけてほしくないなー、との思いがあって、私が過去に身につけた「自分に合った一眼レフを見つけるポイント」という知識をシェアしておこう!と考えてこの記事を書きました。

ちなみにこの記事は、もうすでにデジカメの中でも「一眼レフを買う!」と決めている人のために解説している記事で、以下のようなニーズや条件を組み合わせて、最適なカメラを見つけよう!という内容になっています。

  • どんな写真を撮りたいのか?
  • どこにこだわって、どこを妥協するのか?
  • 予算はどれくらいあるのか?
スポンサード リンク

自分が買うべきカメラの選び方

カメラの主な用途を考えよう

まず第一に、カメラをどんな用途で使うかを考えてみましょう。

「カメラが欲しいな~」と何となくで考えるよりは「こんな写真を撮りたい!」というイメージがあればあるほどカメラは選びやすくなります。

カメラの用途なんて100人いれば100種類あるようなものですが、ここではカメラのよくある使われ方を例に出して見ようと思います。

どのメーカーを選んでも上位機種であれば大抵の写真は高いクオリティで撮ることが可能にはなりますが、同時に予算も青天井に上がっていくのでオススメしません。

風景やスナップ写真のような、比較的に被写体が動かない写真を撮りたい

動かない被写体はただ撮るだけなら難易度は低く、基本的にどんなカメラでも対応可能です。

とくにスナップ写真なんかは、場所を一ヶ所に決めず移動しながら被写体を探すスタイルになることが多いので、カメラのスペックと言うよりボディの小ささ、軽さを重要視することで撮影の負担が減るでしょう。

場合によっては一眼レフより小ささ・軽さに強みがあるミラーレス一眼を検討するのも一つの手かもしれません。

一眼レフ・ミラーレス一眼の違いを解説したページもありますので、そちらも参考にしてみてください。

スポーツやレースのような早い動きの被写体を狙いたい

被写体が早い動きや不規則な動きをする撮影シーンをメインに撮りたい場合、オートフォーカスが早くて正確な機種が必須です。

一眼レフの入門機ではオートフォーカスが追いつかない、あるいは迷ってしまう場合が多く、どれだけ写真の腕を磨いてもカメラの限界からピンボケ写真の量産になってしまう可能性が高まります。

メーカーごとに高速・正確なオートフォーカスを売りにしている機種がありますので、そちらを積極的に狙って買うのが良いでしょう。

また、動き回る被写体を撮影するときには連写モードで撮ることが多いので、1秒あたりに撮影可能な枚数が多い機種がオススメです。

夜景・星空、クラブやバーといった暗いシーンでのカメラを探している

日中の明るいシーンで撮影するときと違って、暗い環境での撮影では適正な明るさで撮るための光が足りません。

明るさが足りない場合でもカメラ側で明るい写真にしてくれますが、イメージセンサーの小さな機種では写真にノイズが乗ってしまいます。

カメラの設定次第ではノイズを少なくできることは確かですが、手ブレが増えてしまったり、高価なレンズが必要になってしまったりと、別のリスクが発生します。

カメラを買う前から暗いシーンでの撮影が多くなりそうだ、という予想が立つ場合、暗部に強い大きいイメージセンサーを載せた機種を選ぶと失敗が少なくなるでしょう。

イメージセンサーが何のことか分からない、という方に向けて、イメージセンサーについての解説記事も用意してあります。

必要な機能・不必要な機能をピックアップ

カメラには写真の撮影以外にもユーザーにとって便利な機能がいろいろ付いている機種があります。

もちろん全部乗せがベストなのですが、不必要な機能のために

ボタンが増えたり
設定が煩雑になったり
ボディが重くなったり
バッテリーの持ちが悪くなったり
価格が高価になったり

なんてのはマヌケすぎて本末転倒ですので、カメラに求める機能は限定しましょう。

以下にメジャーな機能をピックアップしてみたので「これは必要」「これは不必要」というのは決めておいたほうが良いです。

スマホ連携(Wi-Fi・Bluetooth)

スマホ側にアプリをインストールすることでリモートでシャッターを切れたり、撮れた写真を出先ですぐにスマホに転送できるのがこの機能です。

SNSが浸透した今ではとても便利な機能なのですが、バッテリーを消耗するのがデメリット。

バリアングル液晶

ファインダーを覗けないようなハイアングル・ローアングルからの撮影でも、液晶を傾けることで写りを見やすくしてくれるのがバリアングル液晶です。

カメラの重量的にあまり現実的ではありませんが、機種によっては液晶を180°ひっくり返すことができて、自撮りも可能になるものもあります。

タッチパネル液晶

ボタン操作ではなく液晶画面を直接タッチすることで、設定やピントを直感的に合わせられる機能です。

スマホと同じような操作性でコントロールできるのがメリットですが、シャッターチャンスが少ない被写体を相手にしているときは物理ボタンを操作したほうが早く、タッチパネルでは設定が追いつかないこともあります。

防滴・防塵

一眼レフは精密機器なので水・チリにはめっぽう弱く、雨に降られたり砂や細かなホコリがボディに入り込むことでも故障に繋がります。

これに対して、カメラボディに防滴・防塵処置をしている機種ではちょっと水やチリ程度では壊れません。

予算を決めよう

一眼レフを始めて長い人は、カメラに対する金銭感覚がちょっとおかしくなっているので別として、初めて一眼レフをデビューしようとしている人にとって予算は大切な基準になります。

わたし個人的に大事だと思っているのが「収入に対してカメラにいくらまで出せるか」ではなく「カメラをどれくらいの頻度で使い、どれくらいの期間まで使い倒すことを想定しているのか」なんですね。

1年に2~3回くらいしか使わない人にとっては5万円のカメラでも高いと感じますが、1ヶ月に2~3回使う(1年で2~30回以上)ようなことを考えると、カメラに10万円出してもいいのではないでしょうか。

高いカメラは堅牢性にも優れており、5年使った程度では壊れません(もちろんメンテナンス次第では安いカメラでも壊れませんよ)

実際のところカメラのボディは数年で買い換えるようなものではないため、ある程度はまとまった予算を組んでも良いと思います。

参考情報として、カメラのグレードとだいたいの予算をまとめてみました。

趣味はカメラです、と言えるくらいの知識や技術を身につけたいと思っているのであれば、ぜひ中級機あたりの予算を用意して買ってみてほしいところですが、ハードルが高く感じる人は入門機でまったく問題ないと思います。

予算 新機種が発売される頻度
入門機 ~6万円 2年
中級機 ~15万円 4年
上級機 ~35万円 5~6年
最上級機 ~55万円 5~6年

まとめ

カメラに関する知識がまったくのゼロである超初心者の方に向けて、一眼レフの選び方を解説してみました。

もっとシンプルに「あなたにはこの機種がオススメです!」と言えたらいいのですが、人によって撮りたい写真や予算は違いますし、カメラ選びも楽しみの一つだと思っているので、ぜひ悩みに悩んでみてください!


関連記事

no image
一眼レフ初心者にとってレンズキット・ダブルズームキットはオススメ?

一眼レフを買おう!メーカーも機種もだいたいは決まった!と意気込んで家電量販店に足を運んだはいいものの、同じ機種でも「ボディのみ」「レンズキット」「ダブルズームキット」なんて種類がいくつもあって、違いが ...

no image
レンズの最短撮影距離を知る

「最短撮影距離」というものと「ワーキングディスタンス」という言葉についてご存知ですか? なんとなく聞いたことあるけど分からない、意味は一緒なんじゃないの?と思われる方も多いですが、実はまったく違うんで ...

no image
カメラの価格と性能の関係性

これからカメラを購入しようと検討している人にとって、もっとも気になるのが「価格」だと思います。 最近ではコンデジだけでなく、高性能なミラーレス・一眼レフもかなり手頃な機種が発売されており、さまざまな種 ...

no image
一眼レフ・ミラーレス一眼・コンデジの違い

スマホ付属のカメラでは満足できなくなって、いよいよ一眼レフデビューか!?と気合を入れてみたはいいものの、「カメラって意外と種類が多くない…?」と機種選びの時点で迷いに迷ってしまう、なんてのはカメラ入門 ...

no image
高画素カメラのメリット・デメリット

一眼レフカメラ初心者さんが、初めてのカメラ購入の際によく気にするのが「カメラの画素数」です。 どうして画素にそこまでこだわるんだろう?と思っていましたが、カメラの広告には「○○万画素の高精細な写真が撮 ...

Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2018 All Rights Reserved.