カメラの準備

一眼レフ・ミラーレス一眼の違い

更新日:


スマホ付属のカメラでは満足できなくなって、いよいよ一眼レフデビューか!?と気合を入れてみたはいいものの、「カメラって意外と種類が多くない…?」と機種選びの時点で迷いに迷ってしまう、なんてのはカメラ入門者にはよくあること。

家電量販店の店員さんは、そんなカメラ初心者の匂いを嗅ぎつけてサッと距離を詰め、「おすすめのカメラはこちらです~」なんて営業トークで押し切ろうとしてきます。

カメラの購入は、動く金額も大きくて人生の中で大きなイベントですよね。
できれば機種選びに関しては失敗を避けたいところです。

カメラ選びでよくある失敗例

  • オススメされたから、という理由だけで予算オーバーになってしまった。
  • カメラをどのように使うかを想定せず、大きくて重い機種を選んでしまった。
  • 機種のことを理解できていないまま、撮りたい被写体に不向きなカメラを買ってしまった。

そんな失敗を避けるために、この記事ではカメラ選びの基礎となる「カメラの種類」について解説してみました。

もしかしたらこのサイトをご覧になっている時点でカメラは購入済みの手遅れ…!という可能性もありますが、2台目を買うときや周りの知り合いがカメラデビューをするようなときは、ぜひこの記事を教えてあげてください!

デジカメの基本の3種類を知ろう

カメラの大分類・中分類

まずカメラを大分類するとデジタルカメラとフィルムカメラの2つに分けられ、それをさらに中分類すると「レンズ交換式」と「レンズ固定式」の2つに分けられます。

名前の通り、カメラのボディとレンズが分離できるものをレンズ交換式、できないものをレンズ固定式と言っているだけなので、まだ分かりやすいですね。

レンズ交換式のデジタルカメラは一眼レフミラーレス一眼、対してレンズ固定式のカメラといえばコンパクトデジカメ(通称コンデジ)が挙げられます。

デジカメを分類するなら「一眼レフ」「ミラーレス一眼」「コンデジ」の3種類だけ覚えておけばよいでしょう。

また、カメラの選び方として「イメージセンサーの大きさで選ぶ」といった方法があるのですが、そちらについてはイメージセンサーの違いのページで解説していますので、そちらも一緒にご覧ください。

一眼レフ

デジタルカメラといえば、黒くてゴツい、このシルエットをまず思い浮かべるのではないでしょうか?

プロカメラマンはみんなこの種類のカメラを持っている、というイメージがあるでしょう。

一眼レフとは「一眼レンズ」「レフレックスミラー」を組み合わせたカメラのこと。

簡単に言うと、一つのレンズを通した光をボディ内部のミラーで反射させ、ファインダーに写し出す構造になっています。

一眼レフを選ぶメリット

一眼レフはどのメーカーも機種の中でいちばん力を入れているため、平均的なスペックが高めなことと、対応しているレンズが豊富なことが大きなメリットです。

後述するミラーレス・コンデジの下位機種ではよくある「もう少しこうだったら良かったのに…」と思うことが少ないので、純粋な機能だけを考えた場合に失敗しにくいカメラではないでしょうか。

さらに、大きめのバッテリーが使えるので、ボディが小さなミラーレス・コンデジと比べて長時間の撮影に向いているのが地味に嬉しいところ。

また、ファインダーを覗いてシャッターを切る、という一連の動作が必要な一眼レフは「写真を撮ってる感」が一番感じられると思っています。

ココがおすすめ

  • レンズや周辺機器の選択肢が豊富
  • 大型のバッテリーを積めるので長時間の撮影に適している
  • (個人的に)「いま、写真撮ってる感」が出せる

一眼レフを選ぶデメリット

反対に、一眼レフのデメリットはなんと言ってもボディの大きさ
内部にミラーを仕込まなければいけないため、構造上どうしても小型化に限界があります。

レンズとの組み合わせ次第では小さなカメラバッグに入らないし、長時間の持ち運びはシンプルに疲れます…。

ただ、最近では超軽量化されたボディも発売されており、女性でも使いやすい機種を選べばいくらでも使い回しの効くカメラになるはずです。

ココがダメ

  • カメラボディが大きく重い機種が多い
  • デザインはブラックのみがほとんどでデザイン性は無し

ミラーレス一眼

前項でレフレックスミラーを使うのが一眼レフだと解説しましたが、そこからミラーを省略して小型化したのがミラーレス一眼カメラです。

一眼レフを物理的に大きくしてしまう原因であるミラーを排除しているので、本当に小さくて軽いです。

ミラーがないためファインダーではなくボディ背面の液晶画面で写りを確認します。

タッチパネルを搭載している機種が多く操作性がスマホに似ているため、スマホ付属のカメラから乗り換える人でも簡単に扱うことができると思います。

また、各社から販売されている機種もデザインに富んだものが多く、カメラケースと合わせてオリジナル性を持たせることができるのも女性には嬉しいポイントではないでしょうか。

ミラーレス一眼を選ぶメリット

普段からカメラを持ち歩くスタイルで撮影する人にとって「小さくて軽い」は正義。
スマホとほとんど変わらず小さなバッグにも収納できるハードルの低さはミラーレス一眼の大きなメリットです。

一眼レフをメインに使っている私もミラーレス一眼のコンパクトさは羨ましく感じます。

ココがおすすめ

  • とにかくボディが小さくて軽い!
  • ボディのデザインやカラーバリエーションに選択肢がある
  • タッチパネル式が多く、操作が直感的にできる

ミラーレス一眼を選ぶデメリット

私の妻がミラーレス一眼を使っているのですが、「とにかくバッテリーがもたない!」と言っています。

たしかに水族館へ行ったときなどには、一眼レフのバッテリー残量がまだ70%ほどなのに、ミラーレス一眼のほうは残量ほぼゼロになっていることが多いです。
(カメラ・バッテリー共に新品なので、劣化ということではありません)

そのため、1日動き回って撮影をしたいという場合には予備のバッテリーを買う必要があります。

また、ミラーレス一眼は気軽に写真を撮ることだけを想定しているのか、本格的な撮影(インターバル撮影やバルブシャッターなど)での操作が非常に面倒になっている機種が多いです。

ミラーレス一眼の中でも高級グレードモデルになれば物理ボタンやダイヤルが充実しているので、変えたい設定を一発で変更できるようにはなっていますが、下位~中位モデルではちょっと慣れるまで時間がかかりそうな印象でした。

一眼レフに比べて市場ができたばかりのミラーレス一眼は、周辺機器や対応レンズのバリエーションが少ないのも欠点ですね。

ココがダメ

  • バッテリーが小さいため、付属のバッテリー1個では日中の撮影が全然もたない
  • 物理ボタンやダイヤルが少ないため、瞬間的に設定を変更しにくい
  • 対応するレンズの種類がまだまだ少ない

まとめ

今回は、3種類のカメラを特徴とメリット・デメリットの面で比較しました。

それぞれのカメラがどんな人にオススメなのかも簡単にピックアップしていますが、実際にカメラを触ったときのフィーリングもわりと大事だったりするので、ぜひ店頭で試してみることを強く推奨します。


Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2019 All Rights Reserved.