カメラを選ぶ

カメラの価格と性能の関係性

更新日:


これからカメラを購入しようと検討している人にとって、もっとも気になるのが「価格」だと思います。

最近ではコンデジだけでなく、高性能なミラーレス・一眼レフもかなり手頃な機種が発売されており、さまざまな種類のカメラが予算圏内に入れられるようになっています。

しかし、選べる数が多ければ多いほど迷ってしまいますよね。

カメラの基本的な知識がなければ何を優先していいのか分からず、無駄に高級な機種を買ってしまったり、本当に欲しかった機能がなかったりと後悔する結果になってしまうことでしょう。

この記事では、カメラの価格を構成する要素をまとめていますので、「ここを重視すると高くなる」「ここを妥協すれば安くなる」といった目安にしてもらえればと思います。

スポンサード リンク

カメラの価格を構成する要素

カメラは主に以下の要素で価格が決まります。
自分の撮りたい写真や、想定されるカメラの使い方に合わせて取捨選択するようにしましょう。

  • センサーサイズ
  • 画素数
  • 大きさ・重さ・堅牢性
  • 防水・防滴・防塵
  • オートフォーカスの速さ
  • フォーカスポイントの数・エリアの広さ
  • 連写速度・枚数
  • 動画機能
  • 液晶画面
  • Wi-Fi、Bluetooth

センサーサイズ

カメラの心臓となるのがイメージセンサーです。

レンズを通してカメラに入ってきた光を受け止める部品で、この大きさが大きいほど多くの光を一度に取り込めるため、暗いところでもキレイに撮れたり、現実の空気感を再現したかのような色の表現力や精細感が上がるといったメリットがあります。

デメリットはカメラ本体が大型化して重くなる、といったところでしょうか。

イメージセンサーはよく使われているものが3種類あります。

  • 「マイクロフォーサーズサイズ」…安価なコンデジ
  • 「APS-Cサイズ」…中級以上のコンデジ~安価なミラーレス・一眼レフ
  • 「35mmフルサイズ」…高級ミラーレス・一眼レフ

はっきり言って、カメラの「画質」と言われているものはイメージセンサーの大きさで決まるといっても過言ではありません。
しかし、最近のCMや宣伝ではほとんどが「画素」について言及しているものばかりで、カメラの知識のない人は「高画質=高画素」と思い込んでしまっています。

たしかに画素は画像のきめ細かさに貢献してくれますが、イメージセンサーが小さければ、暗所での撮影でノイズが乗ってしまい、粗が目立つ写真に。

イメージセンサーはカメラのカタログにも掲載されているので、画質を求めるのであれば、最低でもAPS-Cサイズのカメラを選ぶようにしましょう。

関連記事として、イメージセンサーの違いについての細かい解説ページも用意していますので、合わせてご覧ください。

画素数

画素数を一言で説明すると「写真の情報密度」です。

レンズを通してカメラに入ってきた光をセンサーが受け止めたとき、光をデジタル信号に変換し1枚の画像にする素子の数のこと。
同じ大きさの画像で比較したときでは画素数が多ければ多いほど高精細な画像になります

スマホのカメラで約700万画素、安価なコンデジで1,000万画素、高価な一眼レフでは4,000万画素を超えるものがあります。

ただし、イメージセンサーの項目でも書いた通り、画素数について勘違いしてはいけないのが「高画素=高画質ではない」ということです。
量販店に行くと、店員さんがやたら「高画素=キレイに写る」と宣伝してきますが、鵜呑みにしてはいけません。

たしかに画素数が多ければ高精細な写真が撮れますが、スマホの画面で見たり、L版(昔のフィルムカメラを現像したサイズ)にプリントする場合には1000万画素程度があれば十分。

L版より大きなサイズの紙にプリントするか、撮影した写真を大きくトリミング(切り抜き拡大)したいといった用途がなければ、無理をして高画素なカメラを選ぶ必要はないでしょう。

大きさ・重さ・堅牢性

最近では女子カメラという言葉が流行っているように、女性が一眼レフを持つのが当たり前の時代になっています。

そのニーズを満たすため、もともと大型の部品を小型化したり、小さなボディに収めたりと、カメラの「大きさ」「重さ」がよりコンパクトにされてきました。

しかし、精密機器をコンパクトするには技術とコストがかかるため、ここもカメラの価格に影響してきます。

また、高価なカメラになればなるほどボディの堅牢性が違います。
安価なカメラを強く握ったとき、どうしても安価なカメラではミシッという音がするくらい、プラスチックに近い素材で作られおり、逆に高価なカメラでは握ったときの安定感がまったく違います。

精密機械を外に持ち歩くことを考えると、どうしてもプロ仕様では「頑丈で壊れにくい」というのも評価ポイントの一つだからです。

山登りやトレッキングといったアウトドアな使い方を想定した場合には、この堅牢性も購入の目安にしたほうがいいと思います。

防水・防滴・防塵

カメラを使うシチュエーションは撮影者によってさまざまで、雨の中で撮影したい人もいれば、砂塵が舞う運動会で撮影したい人もいます。
そういった環境でも耐えられる防水・防滴・防塵機能のタフさはカメラの価格に大きく影響します。

ひとつ防水をとっても、水深3メートルなのか、ただの生活防水なのか、というようにカメラによってグレードが違いますので、そのあたりもどこまでが許容範囲なのか確認しておきましょう。

オートフォーカスの速さ

マニュアルフォーカスしかなかった昔と違って、いまはオートフォーカスが非常に優秀です。
風景などの静止した被写体であれば、操作を間違えない限りはピンボケするようなことは少ないでしょう。

しかし、動きものについては話は別。
たとえば走り回る子供やスポーツを撮影したいときには、オートフォーカスでピントが合う速さというのは非常に重要で、シャッターチャンスだと思ってカメラを構えても、オートフォーカスが遅ければ間に合いません。

お子さんの運動会の直前などにカメラを購入するパパも多いかと思いますが、かならず「動きものへのオートフォーカスの速さ」は確認すべき。
ただし店頭でカメラを触っても、静止したものへのオートフォーカス速度しか試せませんので、注意が必要です。

また、カメラのオートフォーカスが早くても、レンズのピントをコントロールするモーターが追い付かなければ意味がありませんので、レンズ一式も同時に購入する際は一緒にチェックするとよいでしょう。

フォーカスポイントの数・エリアの広さ

オートフォーカスはファインダーを覗いたとき、どの位置に被写体を置くかでピントの合う速度が変わります。

基本的にファインダー中央が一番速くなっているのですが、動いているものを追いかけながら撮影する際には常に被写体をファインダー中央にとらえ続けられるわけではありません。

そういったときに、オートフォーカスが利く「フォーカスポイント」が多ければ多いほど、動く被写体をより正確に追いかけられるようになります。

また、フォーカスポイントの数が多くても、ポイントのほとんどがファインダー中央に密集しすぎていては意味がありません。
被写体がファインダーの端まで外れてしまっても、フォーカスエリアが広ければピントを合わせてくれる確率が高まります。

オートフォーカスの速さ・フォーカスポイントの数・フォーカスエリアの広さは合わせて確認するようにしましょう。

連写速度・枚数

動きものを撮影するなら連写速度は重要です。
いくらオートフォーカスが高速で、フォーカスエリアが広くても、タイミング次第では被写体にぴったりピントが合わないことがあります。
そのため、失敗写真を覚悟で連写機能を使い、ひとつのシャッターチャンスに何枚・何十枚もの写真を撮ることが多くなります。

連写機能ひとつとっても、連写速度と連写枚数はカメラによって大きく異なります。
1秒間に6枚も撮れるカメラもあれば、2枚しか撮れないカメラもあり、このふたつでは3倍もの差があることに。

さらにカメラは連写中に「撮影→画像をメモリーカードに保存」というアクションを高速で行わなければならないため、カメラの処理能力によって一度の連写で撮影できる枚数に限界があります。

動きものを撮影することなく、静止した被写体をじっくり撮りたい、という人は、「オートフォーカスの速さ」「フォーカスポイントの数・フォーカスエリアの広さ」「連写速度」の3項目にこだわる必要はありません。

動画機能

最近は動画機能のないデジカメはほとんどなくなりました。
新たにビデオカメラを買う必要がなく、レンズも写真と同じものが使えるのでとても便利です。

ただ、カメラによっては動画機能にあまり力を入れていなかったり、逆に4Kサイズでの録画や、120FPS以上のハイスピード撮影ができたりと、機能の充実度はピンキリ。
動画機能がカメラのオマケ程度でいいのか、ガッツリ使いたいのかをよく見極めておくのをオススメします。

液晶画面

忘れられがちですが、液晶画面もカメラ本体の価格を左右する要素です。
一眼レフのような光学ファインダーがないコンデジやミラーレスカメラにとって、液晶画面がファインダーになりますので、ここが見づらいと致命的。

また、一眼レフであっても液晶画面が大きかったり精細であれば、撮った後の写真プレビューが見やすく、どこにピントが合っているか、ブレていないかなどが一目瞭然になります。

最近の液晶画面はタッチ操作が当たり前になってきており、使いやすさという点で考えると、画面の操作性も外せません。

液晶画面の向きを変えられる「バリアングル機能」も、足元の低いアングルや頭上を越す高いアングルからの撮影でとても便利なので、必須ではないにしろ、あったほうがいいですね。

Wi-Fi、Bluetooth

カメラは撮影したら終わりではなく、プリントしたりスマホなどに転送していつでも見られるようにしておく人が多いと思います。
しかし、カメラをわざわざパソコンやプリンターにケーブルで接続するのはとても面倒ですし、何より自宅に帰ってからでないと作業ができません。

そんなときに便利なのがWi-FiやBluetoorhで、これらの機能が搭載されているカメラであれば出先で直接スマホと連携することが可能で、友達のスマホに直接シェアできる、といった使い方が出来るようになります。

最近のコンデジやミラーレスにはほとんどと言っていいほど付いている機能ですね。

まとめ

今回はカメラの価格を構成する要素を解説してみました。

本来であれば「このカメラがオススメ!」と言いたいところなのですが、自分が本当に欲しい機能と予算の関係をより分かりやすくするためには必要な知識だと思います。

予算が有り余っている、なんて人はほとんどいないと思うので、自分のベストな機能を持っているカメラを探してみるのも楽しいと思いますよ。


関連記事

no image
一眼レフ初心者にとってレンズキット・ダブルズームキットはオススメ?

一眼レフを買おう!メーカーも機種もだいたいは決まった!と意気込んで家電量販店に足を運んだはいいものの、同じ機種でも「ボディのみ」「レンズキット」「ダブルズームキット」なんて種類がいくつもあって、違いが ...

no image
レンズの最短撮影距離を知る

「最短撮影距離」というものと「ワーキングディスタンス」という言葉についてご存知ですか? なんとなく聞いたことあるけど分からない、意味は一緒なんじゃないの?と思われる方も多いですが、実はまったく違うんで ...

no image
カメラの正しい選び方

一眼レフを始めようにも、メーカーや機種は多いし、何が違うのかもわからないし、かといって店員さんがオススメしてくる機種をバカ正直に買うのもちょっと気が引ける…という初心者さんは少なくありません。 私も初 ...

no image
一眼レフ・ミラーレス一眼・コンデジの違い

スマホ付属のカメラでは満足できなくなって、いよいよ一眼レフデビューか!?と気合を入れてみたはいいものの、「カメラって意外と種類が多くない…?」と機種選びの時点で迷いに迷ってしまう、なんてのはカメラ入門 ...

no image
高画素カメラのメリット・デメリット

一眼レフカメラ初心者さんが、初めてのカメラ購入の際によく気にするのが「カメラの画素数」です。 どうして画素にそこまでこだわるんだろう?と思っていましたが、カメラの広告には「○○万画素の高精細な写真が撮 ...

Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2018 All Rights Reserved.