撮影の基本

写真撮影の基礎知識

更新日:


一眼レフ、またはミラーレス一眼を買ってはみたものの、専門用語が多すぎて何をいじったらどこが変わるのかが全然わからない!とお困りの方は多いのではないでしょうか?

周りにカメラについて詳しい人もいないし、解説本も外出先に持っていくのは面倒…という人に向けて、私が持っている知識や語彙力すべてをつかって、一眼レフ・ミラーレス一眼の撮影で使う設定を限りなく分かりやすく解説しました。

ポイント

  • フルオートでの撮影から卒業したい
  • 専門用語が理解できない
  • 何となく理解したつもりでカメラの設定を変えている

カメラに存在する機能ぜんぶをマスターする必要はありませんし、どのメーカーのカメラを使っていても使える知識になっています。

とりあえずこれさえ覚えたら一通りの撮影はできると思いますので、ぜひ身につけてみてください。

スポンサード リンク

カメラの基本は「露出(=写真の明るさ)のコントロール」

まずはじめに、カメラの基礎知識である「露出」について。

カメラの世界では写真の明るさを露出と呼んでいて、「絞り値(F値)」「シャッタースピード(SS)」「ISO感度」の3つの設定で調整します。

スマホでの撮影や一眼レフ・ミラーレス一眼のフルオートモードではこれらの設定をカメラが自動で決めてくれるため、撮影者はいちいち意識せずとも気軽に写真が撮れるようになっています。

ただ写真を撮るだけならこのまま自動の設定を使い続けてもよいのですが、自分好みの写真を撮りたいとなれば、これらの設定が写真の何を変化させるのかを押さえておきましょう。

絞り値(F値)とは?

レンズを通してカメラ内部に取り込む光の量を決めるのが絞り値(F値)です。

絞り値が小さければ小さいほどレンズの絞り羽が開き、カメラの中へたくさんの光を通すので、光量の不足しがちな暗い場所でも明るい写真が撮れるようになります。

また、絞り値にはピントが合う範囲をコントロールする役割もあり、絞り値を増やすとボケにくくなります。

背景をボカして被写体を強調するポートレートなどでは絞り値を下げ、逆に写真全体を均等にピントを合わせたい風景写真などでは絞り値を増やします。

絞り値の最小はレンズによって異なり、最小絞り値が小さいほど明るくボケた写真が撮れますが、価格が高価でレンズの大きさも増してしまう欠点があります。

シャッタースピード(SS)とは?

絞り値がカメラに取り込む光の量を決めるのに対して、シャッタースピードはシャッターの開閉時間によってカメラに光を取り込む時間を調整します。

シャッタースピードが長い(=シャッターを開き続ける)ことで、少ない光でも写真に十分な明るさを与えることができます。

また、シャッタースピードが開いているあいだは被写体の動きを連続して写真に残せたり、高速なシャッタースピードを設定すれば時間が止まったかのような写真の表現が可能です。

ただし、シャッターが開いているときにカメラを動かすと手ブレが起きてしまうため、長いシャッタースピードを使いたいときは三脚が必須になります。

三脚を使わない手持ちでの撮影で、手ブレしないシャッタースピードの限界は「1/(焦点距離)秒」だと言われていますので、例として50mmの焦点距離をもつレンズの場合、1/50秒より早いシャッタースピードが目安だということですね。

ISO感度とは?

絞り値を下げてもシャッタースピードを遅くしてもまだ写真が暗いとき、イメージセンサーに届けられた光を増幅して色信号に変換させるのがISO感度です。

ISO感度を上げることで少ない光でも明るい写真に残すことができるため、絞り値・シャッタースピードで足りない明るさを補完することができます。

たとえば最小絞り値がF4.0、焦点距離50mmのレンズを使って撮影するとき、前項で説明したように手ブレしないシャッタースピードの限界は1/50秒になります。

とても便利な機能なのですが、ISO感度は上げれば上げるほど写真にノイズを乗せてしまうデメリットがあります。

ISO感度は不必要なまでに高く設定するメリットはなく、絞り値・シャッタースピードでどうにかできる環境であればできる限り低く設定したほうが良いでしょう。

スポンサード リンク

撮影モードはAv(絞り値優先)モードを使うのがオススメ

写真のクオリティを決める3つの設定がわかったあとは、撮影モードを覚えましょう。

いきなりすべての設定を自分でコントロールする「マニュアルモード」を使うのはハードルが高いので、初心者の方はまず「Avモード(機種によってはAモード)」を使うのがオススメです。

Avモードは別名「絞り値優先モード」と呼び、絞り値だけを決めれば、残り2つのシャッタースピードとISO感度をカメラ側で勝手に決めてくれるモード。

つまり写真のボケ具合だけを決めれば、カメラが自動で適正な明るさに調整してくれるので、それっぽい写真が手軽に撮影できるのが特徴です。

写真が明るい、または暗いときは「露出補正」を使おう

いくらカメラが自動で適正な明るさに調整してくれるとは言え、逆光などの明暗差が激しい構図だったり、自分の好みの明るさにならなかった場合には補正が必要。

そんなときに使うと便利なのが「露出補正」という機能です。

露出補正は言葉の通り「露出を補正する機能」のことで、プラスにすれば明るく、マイナスにすれば暗く、といった具合にシャッタースピードとISO感度を調整してくれます。

もちろんISO感度を調整するということは、プラス補正にしすぎるとノイズが増えてしまうので注意が必要です。

まとめ

今回は、初心者がまず覚えるべき設定項目を4つ(絞り値、シャッタースピード、ISO感度、露出補正)を解説しました。

はっきり言って、一眼レフ・ミラーレス一眼にはこの4つ以外に覚えることないです。

設定さえ覚えてしまえば、あとは「被写体選び」「構図」を学ぶだけで、それだけでもう脱・初心者。

デジカメはフィルムカメラと違って撮影枚数を増やしたところでコストはかからないので、とにかく数をこなすのがベストです。

できれば1年間で1万枚は撮ってみること。
1年後に振り返ったとき、最初に撮った1枚と比べてみれば、その違いに驚くと思います。


関連記事

no image
上級者ほど意識したい最低限の撮影マナー

カメラの操作に慣れてくると、どうしても「もっと良い写真を撮りたい」「他の人とは違う写真が撮りたい」と思うようになります。 そのような感情はカメラ・写真を趣味にしている以上当たり前にあることだと思ってい ...

no image
カメラの測光モードを知る
no image
光源の違いによる写真の印象効果

写真は「撮影」という言葉のとおり、"影を撮ること"です。 何が言いたいかというと、いい被写体を探すだけでなく、被写体を照らす光源の種類、方向も意識したほうが良い、ということ。 世の中に存在する素晴らし ...

no image
前ボケ・後ボケを使った表現

被写体がちょっと地味だったり、いろんな構図や角度を試してみても代わり映えしない写真になってしまう場合、前ボケ・後ボケを試してみるのをオススメします。 構図はおもに写真の平面方向を表現するために使います ...

no image
被写体の時間を止める・動きをつける表現

シャッタースピードをコントロールできるカメラでの楽しみ方の一つとして、被写体の時間を止めたり、動きをつける表現方法があります。 スマートフォンでもスローモーション撮影などの表現ができますが、一眼レフや ...

Copyright© Dr.カメイチの「はじめて一眼レフ講座」 , 2018 All Rights Reserved.